プラトンと学ぶ病気の考え方 -病気はどこから起こるのか-


・プラトン「ティマイオス」による古代ギリシャ的な病気への考え方
・四大元素(エレメント)
・病気を考えるにあったっての3つの視点
・呪術廻戦のモンスター(ノロイ)を考える

ちなみに「精神と肉体は共に豊かにすべし」的な「体育会系は勉強しろ、文系は運動しろ」みたいな話もプラトンはティマイオスで語っていますが、この音声で取り上げているのはその話ではありません。

※6/13 夜に「ティマイオス」を使った(特に予習不要なアウトプット型の)オンライン読書会をやります。詳しくはこちらをクリック

※この種の学びに興味がある人はこちらのライブラリーコンテンツもおすすめ

関連記事

TOP